専門家に相談

自分が求める保障内容をまずは明確にすることが大事です。 保険会社や保険代理店に相談する方法もありますが、フィナンシャルプランナーに相談するという方法もひとつです。

フィナンシャルプランナーには、銀行や保険会社に所属している人たちもおり、特定の金融機関には属していないフィナンシャルプランナーもあります。

独立タイプのフィナンシャルプランナーに相談することで、特定の保険商品を販売する必要がないから、親身になってライフステージに一番相応しい保険について検討・提案してくれるでしょう。

フィナンシャルプランナーという存在は、生命保険以外にもいろいろと高い知識を持っている人たちです。 フィナンシャルプランナーに生命保険の見直しの相談をしたついでに、医療制度や遺族年金、税金などの相談もしてみてはいかがでしょうか。フィナンシャルプランナーという存在はズバリ、お金のプロフェッショナルなのです。

ただしフィナンシャルプランナーとの関係も人間関係に過ぎないので相性が悪いというケースもあります。 生命保険や大事なお金の話しをする訳ですから、どのようなフィナンシャルプランナーにするかというのも大事なポイントです。

そのときは特定の保険会社や銀行ではなく、ファイナンシャルプランナーが所属していて、尚且つ複数の保険から自分に合った保険を比較して選べる、生命保険の無料相談サービスを有効的に利用してみるのも良いでしょう。

Pocket

目的をはっきりさせる

更に生命保険見直しのタイミングは、起業・独立したときや、子どもさんが自立したときや、離婚したときや、死別で一人になってしまったとき親を扶養しなければならないと決まったとき、更に現在の生命保険が負担と感じたとき、更に.保険の更新がきたときなどです。

このようなことはほとんどが例外ではなく、多くの人たちに当てはまるケースではないでしょうか。そのときが来て焦らないようにあらかじめ計画的見直しを行うような気持ちが大事です。

そのようなときフィナンシャルプランナーに相談するという方法もあります。

生命保険の見直し方の方法とは、まずすでに入っている保険の保障内容や保険金額、保険料などを確認して、プラスして保障を追加したいのか、保険料を安くしたいのかということを考えて行きます。

自分たちそれぞれで、生命保険の見直しの目的を明確にしましょう。 保障を追加したい場合では、加入している保険を解約し、新しく契約をし直す他に、特約を付け加える、保険金額を増額する方法などもあります。

逆に保障を減らすことで保険料を安くしたいというときには、保険を解約、特約を削除、更に保険金額を減らすなどの方法があります。

月々の保険料の負担が重いというケースでは、払済保険や延長保険に変更出来る場合もあります。

Pocket

生命保険を見直す

生命保険は入ればそのままのモチベーションで維持し続けている人たちのスタイルが今までほとんどだったのではないでしょうか。しかし段々と、生活スタイルも変わり、見直しをするご家庭もかなり増えたと言います。

しかし、いつ見直しをすればいいかまだまだ判らないことって沢山あるのではないでしょうか。ズバリ、保険はライフステージによって必要な保障・額が変わるものです。タイミング・ポイントをしっかり抑えておくようにしましょう。

まず、今まで保険未加入だったという人たちも、経済的な独立を機にして自分で保険に入ろうというモチベーションが誕生する時です。

しかし若い人たちには、それ程大きな保障は必要はありません。貯金が貯まるまで定期型の医療保険に入るという方法もあります。

結婚をした時などでは、夫婦で一度保険に対して語り合う時も来ます。死亡保障はどうするかとか、じっくり二人で話し合いをして保障のグレードを決定しましょう。医療保障の考え方は独身時代とそれ程変わりはなくて、貯蓄を最優先にしながら、貯金で対応出来ない部分を医療保険に頼るという感じでいいでしょう。

更に家を購入したという時も、見直しのタイミングとして考えることが出来ます。妊娠・出産したときもタイミングのひとつとして考えることが出来ます。家族が増えて、残された家族が困らないだけの死亡保障を増額する姿勢もここで意識することが大事なポイントです。

更に続けます。

Pocket