生命保険を見直す

生命保険は入ればそのままのモチベーションで維持し続けている人たちのスタイルが今までほとんどだったのではないでしょうか。しかし段々と、生活スタイルも変わり、見直しをするご家庭もかなり増えたと言います。

しかし、いつ見直しをすればいいかまだまだ判らないことって沢山あるのではないでしょうか。ズバリ、保険はライフステージによって必要な保障・額が変わるものです。タイミング・ポイントをしっかり抑えておくようにしましょう。

まず、今まで保険未加入だったという人たちも、経済的な独立を機にして自分で保険に入ろうというモチベーションが誕生する時です。

しかし若い人たちには、それ程大きな保障は必要はありません。貯金が貯まるまで定期型の医療保険に入るという方法もあります。

結婚をした時などでは、夫婦で一度保険に対して語り合う時も来ます。死亡保障はどうするかとか、じっくり二人で話し合いをして保障のグレードを決定しましょう。医療保障の考え方は独身時代とそれ程変わりはなくて、貯蓄を最優先にしながら、貯金で対応出来ない部分を医療保険に頼るという感じでいいでしょう。

更に家を購入したという時も、見直しのタイミングとして考えることが出来ます。妊娠・出産したときもタイミングのひとつとして考えることが出来ます。家族が増えて、残された家族が困らないだけの死亡保障を増額する姿勢もここで意識することが大事なポイントです。

更に続けます。

Pocket