目的をはっきりさせる

更に生命保険見直しのタイミングは、起業・独立したときや、子どもさんが自立したときや、離婚したときや、死別で一人になってしまったとき親を扶養しなければならないと決まったとき、更に現在の生命保険が負担と感じたとき、更に.保険の更新がきたときなどです。

このようなことはほとんどが例外ではなく、多くの人たちに当てはまるケースではないでしょうか。そのときが来て焦らないようにあらかじめ計画的見直しを行うような気持ちが大事です。

そのようなときフィナンシャルプランナーに相談するという方法もあります。

生命保険の見直し方の方法とは、まずすでに入っている保険の保障内容や保険金額、保険料などを確認して、プラスして保障を追加したいのか、保険料を安くしたいのかということを考えて行きます。

自分たちそれぞれで、生命保険の見直しの目的を明確にしましょう。 保障を追加したい場合では、加入している保険を解約し、新しく契約をし直す他に、特約を付け加える、保険金額を増額する方法などもあります。

逆に保障を減らすことで保険料を安くしたいというときには、保険を解約、特約を削除、更に保険金額を減らすなどの方法があります。

月々の保険料の負担が重いというケースでは、払済保険や延長保険に変更出来る場合もあります。

Pocket